われわれ名古屋ムジークフェライン管弦楽団は、愛知県を中心に活動しているアマチュアオーケストラです.
1985年の秋に当時の名古屋大学交響楽団の卒業生が中心となり、愛知県内大学のオーケストラの卒業生をメンバー(楽団員)として活動を始め、1986年2月に第一回の演奏会を開催したのが当団の始まりです.以後国内外で活躍する指揮者や独奏者を客演に招き、年1回のペースで演奏会を開催し続けています.近年ではいわゆる管弦楽曲だけではなく、歌劇や宗教曲など大規模な合唱を伴う音楽のオーケストラ伴奏などにも取り組み、音楽の幅を広げつつあります.
設立当初は多くの楽団員が東海地方の大学オーケストラ出身者でしたが、様々な活動や就職や転勤などを機会に多様なバックグラウンドを持った仲間が集うようになりました.このような活動が評価され、平成12年には愛知県より芸術文化選奨文化賞を受賞しました.2005年には創立20周年を迎えました.

 
 
 

団体名:名古屋ムジークフェライン管弦楽団
非日本語団体名:Musikvereinorchester, Nagoya
代表者:渡邊 重之(楽団長)
楽団員数:約100名、基本的に社会人を楽団員とする

活動:

愛知県芸術文化劇場コンサートホールにおいて演奏会を開催 (年一回、2-3月頃)
合唱団等からの伴奏依頼による演奏会への出演(随時)
室内楽発表会(夏頃、非公開)


レパートリー:
演奏会の記録をごらんください

客演指揮者・独奏者:
演奏会の記録をごらんください

ご連絡先:
下記のメールアドレスにご連絡ください


楽団員募集に関する情報はこちら